想いのちがい

既読スルーは当たり前の日常だけど





ここ最近 送ったLINEに

短いけどお返事がきてたり


調子にのってお昼に送ったLINEにも

少しの返事がきたりして

ちょびっと浮かれてた





短いというのは

「おはようございます。雨ですね」


くらいのこと。








この前 見てはいけないものから

彼がどこにいるのか知った




最近 行き先を教えてくれる事が

あったから、ちょびっと凹んでしまった



でも、忙しい時に

少しでも返事をしててくれたんだ



そうおもったら

ありがとうって思える








遠くにいる彼に

お疲れとおやすみのLINEをしたら


珍しくリアルタイムで返事がきた




いつもの短い返事ではなく

5倍以上の文章になった返事





すごく うれしかった











なのに

なんで

泣いてたんだろ私





半年以上ぶりに

彼発信で長いお返事








そこには

彼のお仕事の成功が

書いてあった




私もずっとそうなるように

応援してたこと


その夢が予定より

ずっと早く現実になりそう







そうだよね

ほとんど休みなく働いて

お仕事がどんどん上手くいく



楽しいとおもう

私でも



読んだ時

すごく嬉しかった



なのに

どんどん遠くに行ってしまう彼に

もう 側にいれない気持ちがして




さみしかった



ずーっと我慢してた想いが

止まらなくなってた




欲をいえばね


会いたいと言って欲しかったんだ




彼の成功を教えてくれたこと

冷静に考えてみた


そんなこと 普通

人に自慢するような彼じゃない



あぁそだね


きっと褒めてほしいんだ

ほんとは 自慢したかったんだね






彼にLINEを送った

めいいっぱい褒めた

心から喜んだ


それは私の本心だもんね





寂しかったのは

そこに

私への想いがなかったってことだけ